包茎で手術を必要とするものは、真性包茎とカントン包茎が主にあげられます。

手術の種類も何種類かあり、その人の症状にあったものを施します。

手術の説明の前に、包茎手術は保険が適用になるかどうかをお話しておきましょう。

病院に行きたいけど、保険が利くのかが不安という人もいるでしょう。

真性包茎とカントン包茎の場合は、病気という風にみなされて保険が適用されることが多いです。

真性包茎とカントン包茎は、やはり皮膚の癒着や包皮口が狭いといったことにより生活に支障をきたします。

手術の方法によっても若干の違いはありますが、自己負担の額はおおよそ1万円から3万円見ておけばよいでしょう。

まれに仮性包茎でも手術をしたいという人がいます。

理由としては格好わるいとか、恥ずかしいといったもので、この場合は保険は適用されません。

全額負担してもよいということであれば、手術をしてもよいかもしれませんが、世界的に見ると仮性包茎という言葉はなく、正常な陰茎としてみなされます。

日本人だけが気にしすぎているのかもしれませんね。

ちなみに自己負担の費用は8万円から16万円とクリニックによっても違いがありますので事前に聞いておくとよいかもしれません。

包茎手術を得意とする東京イセアクリニックなどで、相談してみてはいかがでしょうか?